薄毛・抜け毛が起こるメカニズム

薄毛、抜け毛はどういうメカニズムで起こるのでしょうか。それを理解するにはまず「ヘアサイクル」を知っておく必要があります。

ヘアサイクルは3期に分かれています。具体的には以下の通りです。

まず、休止期です。これは、今生えている成熟しきった「硬い毛」の脱毛が始まると共に、次の新しい髪の毛が生まれ始める時期で、だいたい2~3か月続きます。

次に、成長期です。毛根の中にある毛乳頭が活発に活動して、毛母細胞が盛んに細胞分裂を行い、髪がどんどん成長して伸びていく時期です。これが2~6年続きます。ですから、大体の毛はこのサイクルになっていて、放っておくことで(切らないでおけば)どんどん伸びていくわけです。

最後に、退行期です。この時期は、毛母細胞が細胞分裂をやめ、毛母と毛乳頭が分離して髪の毛の成長が止まってしまう時期です。同時に毛根が頭皮の方へ上がっていき、髪の毛は抜けやすい状態となります。これが、大体3~4週間続きます。通常の抜け毛はこの時期に発生します。

以上が「正常な」ヘアサイクルですが、これが何らかの理由(ストレス、生活習慣、遺伝など)によって、狂うことで、抜け毛や薄毛が起こります。具体的には、成長期が通常2~6年あるところを、1年程度になってしまうのです。そうなると、十分に髪の毛が成長しないうちに、退行期に入って抜けてしまい、その結果、十分な量の髪の毛が頭皮に残らずに、薄毛が生じるのです。ですので、薄毛、抜け毛で抜けた毛を見るとどれも細くて短い「未成熟な」毛になっているはずです。

以上が、抜け毛や薄毛の発生するメカニズムです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です