髪の毛の質を良くするために美容師から聞いて実践していること

私には4歳になる息子がいるのですが、息子の髪はサラサラです凄く羨ましい髪質だと思っています。私はくせ毛だし、剛毛だし決して良い髪質じゃないんですが、どのように遺伝したのか息子には現在まで影響していません。しかも私の家系は代々ハゲで、祖父に至っては30代の頃の写真を見たら既に髪の毛は無く、私はその時から将来に不安を覚えていました。なので頻繁に美容院へ行き男としてはヘアケアに気を使っていると自負しています。

2016-07-15_173422

美容院では美容師さんと会話があると思うのですが、そこで美容師さん流のオススメのヘアケア方法を聞いて実践しています。まず初めに私が実践したことはベタなのですがシャンプーを見直すということです。シャンプーと言うのは私にとって消耗品という認識があり、どうしても高級なものに手を出せずにいました。ただ高級なものが良いというのは誤った認識であったようで、美容師さんから高級なものより自分に合ったもの、毛質や頭皮の状況に合ったものが良いと教えてもらい、そこからはテスターなども利用しつつ自分に合うシャンプーを探しました。やはり私は髪質が硬かったので、潤おいを与えてくれるようなシャンプーの方が良かったようです。

続いて実行したのはこれまたベタなのですが、ドライヤーでのブロー方法を変えることです、これに伴ってドライヤーも思い切って買い換えていました。やはり熱が髪には良くないようなので、風量が弱いものより強いものの方が早く乾くので髪には良いと言われていたので実行してみたのです。またドライヤーを使う前にタオルでしっかりと乾かし、熱を与える時間を短くしました。後は稀にですがツバキオイルも使用し、いつまでも髪の毛のある父でいれるようにヘアケアに努めています。